紫外線の影響で進む老化や黒ずみをストップ|美白ケアで見違える肌

美容皮膚科のシミ治療

カウンセリング

顔のシミを根本的に改善するには、シミの原因になっている色素沈着そのものを解消することが必要です。メイクでシミを隠すだけでは、シミを根本的に改善することにはならないので注意を要します。美容皮膚科では美白レーザーの施術が行われており、レーザーでシミの原因の色素沈着を解消できます。レーザーはメラニン色素に対してのみ反応するので、シミだけを確実に消すことが可能です。フォトフェイシャルなどの光治療でもシミを消すことは可能ですが、濃いシミや肝斑は光治療では解消できないので注意が必要です。フォトフェイシャルは薄いシミやそばかすの改善に効果を発揮し、色白の美しい肌にすることができます。美白レーザーによるシミ取りの施術は15分程度で終了し、入院の必要はありません。美白レーザーの注意点は、金の糸を使った美容整形手術を受けた人は施術が受けられないので注意します。レーザーはメラニン色素だけに反応するので、敏感肌やアトピー肌の人でも美白レーザーの施術は受けられます。施術後の注意点として、レーザーを照射すると一時的に肌が乾燥するので、施術後は保湿ケアをすることが大事になります。保湿ケアを怠ると肌にダメージを与える場合があるので十分に注意します。施術後はいつもより入念に保湿ケアを行うと、肌の乾燥を防いで潤いのある肌になります。美白レーザーの施術を数回にわたって受けると、シミのない綺麗な肌に生まれ変わります。美白効果を継続させるためには紫外線対策を徹底させることが必要で、外出時には日焼け止めのクリームを塗って肌を紫外線から守るようにします。

美容医療におけるシミ治療の基本は、シミの原因になっているメラニンを減少させることにあります。皮膚に沈着しているメラニン色素が減少するとシミは目立たなくなり、肌のくすみも解消されます。美白レーザーはシミのもとになるメラニンを破壊して、シミのない明るい肌に改善します。肌にレーザーを照射すると光線は表皮や真皮層を貫通し、皮下脂肪組織にまで到達します。レーザーは真皮内のコラーゲンの生成を促進させる働きもあるので、皮膚のコラーゲンの量が増大してハリのある肌になります。レーザー美白はシミ取りによる美白効果が得られるだけでなく、肌の弾力が増すことにより、たるみの改善やシワ取りの効果も得られます。シミの中でも肝斑は通常のレーザー治療だと症状が悪化する場合があるので、レーザートーニングによる治療が行われます。この治療法ではメドライトC6と呼ばれる医療機器が使用され、肝斑を綺麗に消すことが可能になります。肝斑は再発することが多いので、治療後は入念なセルフケアを行うことが大切です。美容皮膚科で肝斑治療をした後はUVケアと保湿ケアを徹底して行い、外出の際には日焼け対策も行うようにします。洗顔も大事ですが、あまり強く洗顔すると肝斑が再発する恐れがあるので、優しい洗顔を心がけます。肝斑は薬物治療でも改善させることができ、トラネキサム酸の薬を顔に塗る方法で治療を行います。ハイドロキノンやビタミンCも肝斑を消す効果があり、トラネキサム酸の薬と併用されるケースが多いです。