紫外線の影響で進む老化や黒ずみをストップ|美白ケアで見違える肌

美容皮膚科で白い肌に

鏡を見る女性

専門医に診てもらおう

くすみのない透明感のある肌は清潔感があり、多くの女性が憧れています。しかし美白を手に入れるには、普段から徹底した紫外線対策をしなければなりません。日焼け止めに日傘に帽子、アームウォーマーなど日常生活の中で徹底することは簡単なことではありません。また日焼けはひょんなことからしてしまいます。美白ケアのため病気でもないのに、病院にかかることに抵抗があるかもしれません。しかし美容皮膚科は美白ケアの力になってくれます。昨今では市販でもたくさんの美白ケア用品が販売されていますが、病院で扱う医療用のものは市販のものより美白ケア成分濃度が高くより良い効果が期待されます。また医師が肌の状態を見て、医師がその人に合っているものを処方してくれるので安心できます。症状が重篤な場合は、カウンセリングなどできちんと確認後、ケミカルピーリングやレーザー治療を行なうことがあります。これらの治療は保険適用外となってしまうため高額になることもあります。しかし基本的に医師の判断や病院によって、保険が適用されることが多いです。そのため場合によっては市販されている美白ケア用品よりもお手軽に、高い効果のある医療用美白ケア用品を使うことができます。インターネットで調べると、病院で処方してもらえる薬の種類が出てきます。これらを調べて、直接医師に欲しい薬の名前を伝えるとスムーズに処方してもらえるでしょう。このような治療は医師によって考え方がそれぞれなので、よく話し合って納得した治療法をしていきましょう。

効果を期待できる薬

さて病院でもらえる美白ケアの薬には、どのようなものがあるのでしょうか。まずトランサミンという薬があります。この薬は飲み薬で色素沈着の予防・改善効果があります。浅黒い肌だけでなく、少しのシミならなくなるという効果が出ています。また同じ飲み薬ではシナールという薬もあります。これは美白効果のあるビタミンCが含まれており、やはり色素沈着の改善が期待できます。飲み薬はいずれも即効性がなく、長期間続けることで効果を発揮していきます。しかし生活の中で薬を服用するだけなので、大変手軽に美白ケアを行うことができます。またこれらは基本的に保険適用とされています。他にも保険は効きませんが、美白点滴を行っている病院もあります。ビタミンCなど含まれた薬剤は、直接血管に針を刺して美白成分を体中に巡らせていきます。そのため消化器官を経由する飲み薬より、成分が高濃度のまま素早く体に行き渡ります。そのことから飲み薬よりも即効性があり、高い効果が期待できます。点滴と言っても細い針なので痛みもほぼありません。また5分から20分ほどで終わるので、忙しい方にも空いた時間にできるので最適です。もし忙しいのであれば、駅の近くなど通いやすいところに行くといいでしょう。基本的に病院では専門医がそれぞれ違う肌の状態を見て、適当な薬を処方してくれます。くすみのない透明感のある美白は病院に行くことにより、簡単に手に入れることができます。美白ケアのできる美容皮膚科を探して、思い切って受診してみてはいかがでしょうか。