モテるために焼かない対策しよう│美白ケアのコツ

明るい肌のために

顔を触る女性

シミやソバカスは年齢とともに増え続けメイクで隠すことも困難になってきます。口コミでは美白のための治療もスキンケアを続けるよりも即効性が実感できるなど注目を浴びています。美容外科での治療は手頃な費用から受けられるものもあります。

もっと見る

色白の美しい肌にする方法

先生

色白の肌にするための工夫

色白の肌にするには紫外線は大敵ですので、外出する時には日焼け止めのクリームを塗るなどの紫外線対策を行うことが必要です。最近は地球温暖化の影響で太陽光が強くなっており、日焼け止めのクリームだけでは十分な紫外線対策が困難になっています。美容皮膚科では医師による美白ケアを行ってもらえますので、紫外線の影響で黒ずんだ肌を色白の美肌にすることが可能です。美容皮膚科の美白治療にはサーマルピーリングやライムライト、フォトRFなどがあり、医師と相談のうえ、最適な方法で美白ケアをすることができます。サーマルピーリングは、施術後にきめ細かな真珠に似た肌質になれることからパールとも言われています。サーマルピーリングは紫外線による肌の光老化の改善に適しており、紫外線の影響で老化が進んだ肌を明るい透明肌にすることが可能です。ライムライトは医師や学者が日本人の肌を徹底的に研究して開発された医療機器です。日本人の肌の美白ケアに最適であり、薬物治療で解消しきれなかった肝斑も綺麗に消すことができます。ライムライトは赤ら顔の改善にも適しており、赤ら顔を色白の美しい肌に改善します。フォトRFはオーロラと呼ばれており、インテンスパルスライトとラジオ波の相乗効果によって美白の肌に改善できます。フォトRFは美白ケアだけでなく小じわの解消やたるみ治療にも最適で、シミやシワのない色白の美しい肌を目指せます。サーマルピーリングやライムライト、フォトRFは医療機器を使用する美白治療ですが、薬物療法によっても美白ケアをすることができます。美白にするための薬物療法には、プラセンタ療法やビタミンCイオン導入などがあります。

色白の肌にする施術の特徴

光老化などで黒ずんでしまった肌を白くするには、美容皮膚科で医師による美白治療を受けるのが最適です。美白ケアの施術には、IPLを肌に照射する光治療や医療用レーザーを肌に照射するレーザー治療、医薬品を使用する薬物治療などがあります。人の肌質は個人差がありますので、どの方法で美白治療をするのが最適であるかは人によって違いがあります。美容皮膚科の医師は施術前のカウンセリングで皮膚のパッチテストを行い、自分の肌に最適な施術を提案してくれます。敏感肌や乾燥肌の人は、刺激が強い薬物を使って薬物治療をすると肌にダメージを与える場合があります。敏感肌や乾燥肌の人は光治療やレーザー治療が適しており、肌にダメージを与えずに色白の美肌にすることができます。光治療で照射するIPLは柔らかい光ですので、敏感肌や乾燥肌の人に適しています。主な光治療にはフォトフェイシャルやライムライト、フォトRFなどがあり、顔にできたシミを肌にダメージを与えることなく解消することが可能です。光治療と薬物治療は併用することができ、より優れた美白効果が得られます。色白の美肌にするための薬物治療には、ビタミンCイオン導入やプラセンタ注射などがあり、細胞レベルでの肌の若返りが図れます。ビタミンCイオン導入は美白作用があるビタミンCを肌に浸透させて、肌の奥から美白にすることができます。プラセンタ注射はアンチエイジングの治療にも使用されており、皮膚細胞のターンオーバーが正常化され、色白の若々しい肌に生まれ変わります。

美容皮膚科で白い肌に

鏡を見る女性

自分で行う美白ケアだけでは限界があります。昨今、病院で美白ケアができるようになりました。様々な飲み薬や点滴により、市販の美白ケア用品よりも高い効果が期待できます。また肌の専門医が診てくれるので安心です。

もっと見る

美容皮膚科のシミ治療

カウンセリング

美容皮膚科では美白レーザーの施術が行われており、顔のシミを綺麗に解消することができます。シミの中でも肝斑は通常のレーザーでは治療することができないので、レーザートーニングや薬物療法で治療することになります。

もっと見る